Home > イベント > 国際シンポジウム「Tourism and Sustainability」

国際シンポジウム「Tourism and Sustainability」

本シンポジウムは、環境人文学分野における研究者が5か国から集い、近年の研究について批評的な議論を展開する大変貴重な機会です。
様々な文脈で登場する「サステナビリティ」ですが、環境人文学のフィールドで私たちはいかにその概念を活用しているのでしょうか?
アジア太平洋地域にフォーカスした示唆に富むダイナミックな本シンポジウムへの皆様のご参加をお待ちしております。

*事前の参加申込や参加費は不要です。
*シンポジウムは英語で行われます。

テーマ:Tourism and Sustainability ~An interdisciplinary discussion of environmental humanities and sustainability in Tourism~
日 時:2016年3月8日(火)10時~15時30分
会 場:和歌山大学観光学部棟 T-101教室(和歌山市栄谷930)
スピーカー:

  • A/Prof. Adam Doering(和歌山大学)
  • Dr. Mary Mostafanezhad(University of Hawai‘i at Mānoa, USA)
  • Dr. Georgette Leah Burns(Griffith University, Australia)
  • Dr. Joseph Cheer(Monash University, Australia)
  • Prof. Kumi Kato(和歌山大学)
  • Mr. Simon Wearne(和歌山大学)

参加申込・参加費:不要
主 催:和歌山大学国際観光学研究センター(仮称)設置準備室、和歌山大学観光学部

お問い合わせ先:和歌山大学国際観光学研究センター(仮称)設置準備室
TEL:073-457-7025 / E-mail:info-ctr@center.wakayama-u.ac.jp

※プログラム等詳細はhttp://www.wakayama-u.ac.jp/tourism/symposium20160308.htmlをご覧ください。

以上