Home > イベント > CTR Space & Mobilityユニット シンポジウム in 大阪「観光からみた宇宙3」の開催について

CTR Space & Mobilityユニット シンポジウム in 大阪「観光からみた宇宙3」の開催について

この度、国際観光学研究センターTourism & Space, Mobility研究ユニットは、大阪にてシンポジウム「観光からみた宇宙3」を開催いたします。

第3回目となる今回は、株式会社アンタレス代表取締役の黒田有彩氏を基調講演講師にお迎えし、「宇宙×芸能×アート」をテーマにご講演いただきます。また京都大学宇宙総合学研究ユニット、和歌山大学国際観光学研究センターTourism & Space, Mobility研究ユニット代表者による最新の研究状況の紹介もいたします。

多くの皆様のご参加をお待ちしております。

*参加には、事前のお申し込みが必要です。詳細は下記をご覧ください。

CTR Space & Mobilityユニット シンポジウム in 大阪 「観光からみた宇宙3」

概要:
日本の宇宙開発は、これまでの国家中心の宇宙開発から民間も参加した宇宙開発に舵を切ることが求められています。そこでは宇宙が利用されるビジネス開発が最重要の課題であり、多くのユーザーをどのように獲得するかが焦点となっています。
その需要を喚起するために大きな役割を果たすと考えられているのが観光です。宇宙観光商品は既に販売されており、現在は主として富裕層が購入していますが、10年ほどで中間層でも充分手の届く価格帯になるとも予想されています。
本学国際観光学研究センターでは、このような潮流を見据え、「Space &Mobility」研究ユニットを設置し、調査・研究を展開しています、2016年12月開催の第1回では宇宙に行くという経験や宇宙観光・研究の話題提供を行い、2017年1月の第2回では宇宙という場あるいはコンテンツを観光やビジネス開発にいかに活用していくかを議論しました。今回は「宇宙×芸能×アート」をテーマにシンポジウムを開催いたします。

日時:2018年12月1日(土)13時30分~16時15分(受付 13時00分~)

会場:グランフロント大阪北館タワーB10階 ナレッジキャピタルカンファレンスルームタワーB RoomB01
(〒530-0011 大阪市北区大深超3-1)

基調講演:
「タレントとして宇宙を伝えること」
黒田 有彩(株式会社アンタレス 代表取締役、和歌山大学国際観光学研究センター客員研究員)

活動紹介「『宇宙 × その他』、『その他』をいかにひねり出すか」
尾久土 正己(和歌山大学観光学部 教授、同 国際観光学研究センター研究員、Tourism & Space, Mobility研究ユニット サブリーダー)

活動紹介「天空をキャンバスに、自然は想像もつかない絵を描く」
長田 哲也(京都大学大学院理学研究科 教授、同 宇宙総合学研究ユニット ユニット長)

パネルディスカッション「宇宙を伝える」

定員:60名

参加費:無料

参加申込:
Eメールでのみ、参加申し込みを受け付けます。本文に「シンポジウム名」「お名前」「ご連絡先電話番号」をご記入のうえ、下記までお申し込みください。

* 参加申込期日:2018 年11月26日(月)17 時

主催:和歌山大学 国際観光学研究センター
共催:京都大学 宇宙総合学研究ユニット

参加申し込み、および本件に関するお問い合わせ先:
和歌山大学 国際観光学研究センター
TEL 073-457-7025 / E-mail info-ctr@center.wakayama-u.ac.jp
※プログラム等の詳細はhttps://www.wakayama-u.ac.jp/ctr/news/2018110100037/をご覧ください。

以上