Home > イベント > 「Heritage Tourism Research Project ―アジア観光における伝統の翻案・翻訳―」の開催について

「Heritage Tourism Research Project ―アジア観光における伝統の翻案・翻訳―」の開催について

Heritage Tourism Research Project ―アジア観光における伝統の翻案・翻訳―

京都外国語大学では、「文化の翻訳・翻案」という包括的テーマを掲げ、東南アジア5カ国
(マレーシア、タイ、ベトナム、インドネシア、ラオス)の大学と共同で、東南アジア諸国
における観光に関する調査研究を進めて参りました。
この活動を踏まえ、2019年3月23日(土)、東南アジア5ヶ国から15名の研究者の皆様を招聘し、
成果報告の国際フォーラムを開催致します。研究成果に関するパネルディスカッション
“The Authenticity, Adaptation,and Translation of Heritage in Asian Tourism”に先立ち、
旅する世界遺産研究家・久保美智代様と、松井本館若女将・松井もも加様による基調講演、
及び、京都外国語大学国際貢献学部グローバル観光学科学科長ジェフ・バーグランドと久保様
・松井様によるディスカッション“What is the real thing?”(本物って何?)を予定しております。

会員の皆様のご来場を心よりお待ち申し上げます。

【開催日時】 2019年3月23日(土) 13:30~17:30
【開催場所】 京都外国語大学1号館7階(R171)
【定員】150名 *交流会は定員30名(先着順)
【費用】無料  *交流会は3,000円
【申込】下記、京都外国語大学HP 専用フォームよりお申込み下さい。(締切3月20日)
https://www.kufs.ac.jp/news/detail.html?id=DyELljQ4