Home > イベント > 阪南大学国際観光学部 シンポジウムのお知らせ

阪南大学国際観光学部 シンポジウムのお知らせ

観光学術学会会員の皆さま

この度、阪南大学国際観光学部は開設10周年事業の一環として、
「コロナ禍の今こそ大阪観光の未来を描く」という共通テーマで、連続シンポジウムを開催することにしました。
シンポジウム第1弾は、10月31日(日)15時からオンラインで、「着地型観光の実践から観光まちづくりを考える」をテーマに開催します。
コロナ禍で「マイクロツーリズム」が注目されていますが、
着地型観光の実践と観光まちづくりの推進において、現場でさまざまな困難を克服しつつ、着実な成果をあげている3名をお招きし、
その経験や知見を共有することで、コロナ後を見据えた観光まちづくりの新たな展開を探ります。

詳細は以下の通りです(以下のURLも合わせてご覧ください)。
https://www.hannan-u.ac.jp/faculties/tourism/2020/n5fenj0000031uw8.html

日時:2020年10月31日(土)15:00~16:30
開会挨拶:吉村盛善(松原商工会議所会頭・松原市観光協会会長)
パネリスト:杉本 彰(松原市観光協会プロデューサー)
高村陽子(あまがさき観光局事業部長)
梅田りさ(OSAKA AID実行委員長)
コーディネータ:森重昌之(阪南大学国際観光学部長)
司会進行:松村嘉久(阪南大学国際観光学部教授)
閉会挨拶:橋本和也(観光学術学会前会長・京都文教大学名誉教授

【主催】阪南大学国際観光学部
【後援】観光学術学会
【協力】松原商工会議所・松原市観光協会・あまがさき観光局・OSAKAあかるクラブ
【参加方法】シンポジウムはオンラインで開催いたします。
ライブ聴講をご希望の方は、問い合わせ先に聴講希望のE-mailをお送りいただければ、順次登録して、ご招待いたします。
また、後日録画にて聴講いただけるようネット配信する予定です。
【問い合わせ先】阪南大学国際観光学部 E-mail: tourismsym@hannan-u.ac.jp

皆さまの奮ってのご参加を心よりお待ちしております。

阪南大学国際観光学部