Home > 大会・研究集会 > 大会 > 第2回大会 > 観光学術学会第2回大会 一般研究発表スケジュール

観光学術学会第2回大会 一般研究発表スケジュール

観光学術学会第2回大会 一般研究発表は、次の4会場にて行われます。

第一会場(202教室)

座長 発表者氏名 発表者所属 発表タイトル
13:00 発表
101
(未定) 永瀬 節治 和歌山大学 昭和戦前期の観光都市における「遊覧道路」の整備計画について
13:30 発表
102
樽井 由紀 奈良女子大学 湯治場の文明開化
14:00 発表
103
岩井千春 大阪府立大学  日本の寺社の英語ウェブサイト分析―ESPのジャンル分析の観点から
14:25 休息
14:35 発表
104
(未定) ダニエル ミルン 京都大学大学院人間・環境学研究科 「料理の首都」メルボルンの食文化
15:05 発表
105
上野山 裕士 和歌山大学観光学部 スウェーデンにおけるカフェを拠点とした地域形成
15:35 発表
106
石本 東生 奈良県立大学 地域創造学部 観光学科 ギリシャ・エーゲ海地域におけるトラディショナル・セトゥルメンツの復元と持続可能な観光発展の事例研究 ―サントリーニ島の調査結果と基に―

 

第二会場(203教室)

座長 発表者氏名 発表者所属 発表タイトル
13:00 発表
201
(未定) 北廣 麻貴 同志社大学 社会学専攻 博士課程後期 和辻哲郎『古寺巡礼』におけるイメージ −芸術都市としての奈良
13:30 発表
202
片山 明久 成美大学 アニメ聖地における地域文化への共感の形成 ―富山県南砺市城端を事例として
14:00 発表
203
藤田武弘他 和歌山大学 韓国における農村振興と都市農村交流への期待 ―企業CSR活動と中間支援組織の役割を手がかりに―
14:25 休息
14:35 発表
204
(未定) 森重 昌之 阪南大学 資源論から見た観光資源と観光資源論の意義
15:05 発表
205
佐藤 直樹 和歌山大学 観光リスクと安全対策
15:35 発表
206
信藤 博之 大阪市立大学大学院文学研究科 現代アートを通した観光産業従事者に対する心のケア ―タイ・プーケットにおける実践事例の検討

 

第三会場(302教室)

座長 発表者氏名 発表者所属 発表タイトル
13:00 発表
301
(未定) 大井 達雄 和歌山大学 ジニ係数による観光需要の季節変動の測定 ―Lerman and Yitzhakiの要因分解手法を用いて
13:30 発表
302
山田 雄一 筑波大学大学院 社会システムマネジメント 観光地ブランドが期待へ与える影響の検証 ―ブランド構成3要素と期待との定量的関係
14:00 発表
303
中島 恵 大阪観光大学 テーマパーク産業におけるダイナミック・ケイパビリティ ―東京ディズニーリゾートの事例―
14:25 休息
14:35 発表
304
(未定) 藤田 友里佳 和歌山大学 観光学部 リカバリーマーケティングによる観光イメージの回復 ―東北地方太平洋沖地震後の訪日観光客数の推移から
15:05 発表
305
雨森 直也 立命館大学文学研究科 2008年四川汶川大地震におけるダークツーリズムの解釈
15:35 発表
306
王 金偉 北海道大学大学院国際広報メディア・観光学院 利害関係者の視点からみた自然災害被災地における「負の遺産観光」の現状と課題 ―中国四川大震災後の北川羌(チャン)族自治県を事例として

 

第四会場(303教室)

座長 発表者氏名 発表者所属 発表タイトル
13:00 発表
401
(未定) 四本 幸夫 立命館アジア太平洋大学 観光まちづくり研究に関する社会学的批判
13:30 発表
402
竹田 茉耶 和歌山社会経済研究所 まちづくりにおける協働の広がりに関する一考察 ―和歌山県海南市黒江の景観づくりサポーター制度を事例に―
14:00 発表
403
大野 哲也 桐蔭横浜大学 地域おこしの持続可能性についての一考察