Home > 大会・研究集会 > 大会 > 第7回大会 > 第7回大会 一般研究発表スケジュール

第7回大会 一般研究発表スケジュール

一般研究発表は、次の5会場にて35発表が行われる予定です。(*は院生発表)

○発表について
発表15分+質疑応答10分

○更新履歴
2018/06/19:公開しました。

第一会場(201)

開始
時間
座長 発表者
氏名
発表者
所属
発表タイトル
13:00 発表101* 片山明久 神崎千賀子 京都産業大学大学院経済学研究科(通信教育課程) 地方自治体における「メディア誘発型プロモーション」に関する効果と課題
―メディア誘発の中枢となるフィルムコミッション
13:25 発表102 森重昌之
敷田麻実
阪南大学国際観光学部
北陸先端科学技術大学院大学先端科学技術研究科
観光まちづくりにおける来訪者を包摂した観光ガバナンス
13:50 発表103* 深見聡 飯田誠一 法政大学大学院政策創造研究科修士課程 鎌倉はなぜ世界遺産登録を進めていかないのか
―理由と原因に視点をあてて
14:15 発表104* 石野隆美 立教大学大学院観光学研究科 博士後期課程 観光を「日常化」する営み
―世界遺産候補「長崎の教会群」における地域住民と「観光なるもの」の関係
14:40 昼休憩
15:10 発表105 大浦由美 古村学 宇都宮大学国際学部 西表島の人びとから見た世界自然遺産
―世界自然遺産登録が自然を破壊する

第二会場(202)

開始
時間
座長 発表者
氏名
発表者
所属
発表タイトル
13:00 発表201* 神田孝治 清水友理子 一橋大学社会学研究科 地域文化観光と地場伝統産業における労働の変容
―沖縄・伝統工芸「琉球ガラス」を事例に―
13:25 発表202* 小原満春 和歌山大学大学院観光学研究科博士後期課程 観光経験がライフスタイル移住の意思決定に与える影響
―沖縄への移住者を対象としたM-GTA分析に基づく一考察
13:50 発表203 吉田道代 井口梓 愛媛大学社会共創学部 雑誌『田舎暮らし』にみる農村移住と農村イメージの変遷
14:15 発表204 永井隼人
林イラン
和歌山大学観光学部
慶応義塾大学大学院政策・メディア研究科
Japanese working holiday makers in South Korea
: A preliminary investigation of their motivations
14:40 昼休憩
15:10 発表205 山田勅之 秦泉寺友紀 和洋女子大学人文学部国際学科 イタリアにおける観光と「地方料理」の誕生
―ローカル・ナショナルな領域の交錯
15:35 発表206 森本泉 須永和博 獨協大学外国語学部 創造都市としての「ポスト海峡植民地」
―タイ国プーケット旧市街地域を事例として
16:00 発表207 中村香子 東洋大学国際学部 ケニアにおける恋愛ツーリズムに関する一考察
―「マサイの戦士」の経験から

第三会場(401)

開始
時間
座長 発表者
氏名
発表者
所属
発表タイトル
13:00 発表301 遠藤英樹 山本朋人 無所属 福島第一原子力発電所事故の被害地域と観光
―「手法としてのダークツーリズム」の適用可能性
13:25 発表302 薬師寺浩之 奈良県立大学地域創造学部 銃射撃体験というダークツーリズム経験に関する試論
13:50 発表303 Daniel Milne 京都大学国際高等教育院 戦時中・占領中における⽇本についての合衆国軍隊のメディア
―観光のまなざしの役割を中心として
14:15
14:40 昼休憩
15:10 発表305 高岡文章 澤田悦子 無所属 アートツーリズムにおける「アウラの創出」と「真正化」
ー越後妻有 大地の芸術祭を事例にー
15:35 発表306* 山崎翔 北海道大学大学院国際広報メディア・観光学院観光創造専攻博士後期課程 フェス主催者が創出する参加型観光
―気象的なアフォーダンスの可能性
16:00 発表307* 中谷哲弥 小高絢子 筑波大学人文社会科学研究科 フィルム・ツーリズムと宗教空間の変容
―『男はつらいよ』の地柴又と柴又帝釈天を事例に
16:25 発表308 天田顕徳 東京工芸大学非常勤講師 デジタル時代の山岳巡礼における「葛藤」
―ツーリズムが伝統宗教にもたらしたもの

第四会場(403)

開始
時間
座長 発表者
氏名
発表者
所属
発表タイトル
13:00 発表401 須永和博 堀田祐三子 和歌山大学観光学部 京都市における簡易宿所増加の動向と観光空間形成への影響
13:25 発表402 松村嘉久 阪南大学国際観光学部 JR新今宮駅周辺における民泊の実態
13:50 発表403 四本幸夫 福島三穂子 宮崎大学地域資源創成学部 台湾誘客のための地域魅力再発見フィールドワークの実施
―宮崎観光体験メニューの商品化に向けて
発表404 藤井久美子 宮崎大学語学教育センター インバウンド誘致のための宮崎魅力発見コンテスト開催
―台湾の大学生による観光地プレゼンテーション大会
14:40 昼休憩
15:10 発表405 友原嘉彦 尾家建生 大阪府立大学観光産業戦略研究所 海外の和食レストランとインバウンドの相互関係の考察
―食文化のグローバル化とガストロノミーツーリズム
15:35 発表406 崔瑛 静岡英和学院大学人間社会学部 女性のライフスタイルに着目した観光商品化に関する研究
16:00 発表407 井口 梓 山本芳華
清水夏樹
平安女学院大学国際観光学部、京都大学学際融合教育研究推進センター 日本茶の持続可能な地域資源マネジメントにむけて
ー大和茶を事例として
16:25 発表408 岩井千春
岩根久
大阪府立大学高等教育推進機構、大阪大学言語文化研究科 苦情対応に関する意識の日米比較
―接客業経験者に対する質問紙調査

第五会場(507)

開始
時間
座長 発表者
氏名
発表者
所属
発表タイトル
13:00 発表501 須藤廣 橋本和也 京都文教大学 『ホスト・アンド・ゲスト』の2 項対立を越えて
―モバイルな社会の観光研究
13:25 発表502 市野澤潤平 宮城学院女子大学 現代ビジネス学部 「ホスト/ゲスト」論再考
―観光人類学3.0に向けて
13:50 発表503 福井栄二郎 島根大学法文学部 「生活」と「伝統」
―ヴァヌアツ・アネイチュム島における観光業
14:15 発表504* 隋瑜 名古屋大学大学院人文学研究科 興奮を隔てる境界線
―長野県野沢温泉村の道祖神火祭りを事例に
14:40 昼休憩
15:10 発表505 山口誠 紀平知樹 兵庫医療大学共通教育センター 観光経験の現象学
―記述か解釈か?
15:35 発表506* 有田将也 東京大学大学院学際情報学府 空港の場所性と非-場所性について
16:00 発表507* 堀野正人 谷川嘉浩 京都大学大学院人間・環境学研究科 コンテンツ・ツーリズム体験を厳密に記述するために
―ウォルトンのフィクション論から
16:25 発表508* 田中瑠莉 京都大学大学院人間・環境学研究科 奈良公園における共在
―人とシカの「関係性」としての観光