Home > 大会・研究集会 > 大会 > 第10回大会 > 第10回大会 大学院生育成セミナー・一般研究発表・テーマセッション プログラム

第10回大会 大学院生育成セミナー・一般研究発表・テーマセッション プログラム

大学院生育成セミナー(2発表)、一般研究発表(29発表)、テーマセッション(12発表)は、次の6会場にて発表が行われる予定です。

第一会場

開始
時間
発表
番号
座長 発表者
氏名
発表者
所属
発表タイトル
13:00 101 原一樹 鈴木里奈 北海道大学大学院 国際広報メディア・観光学院 日常生活圏への観光
――実存モード論の問題点
13:30 102 佐藤充 福知山公立大学地域経営学部 観光地域づくりにおける「スマート・サステイナビリティ」概念の検討
14:00 103 澤田幸輝
尾久土正己
和歌山大学大学院観光学研究科
和歌山大学観光学部
星空をめぐってせめぎ合う多様なステークホルダー
――沖縄県石垣島におけるアストロツーリズムの現場から
14:30 104 廣岡裕一 長谷川司 東京福祉大学 昭和戦前戦後の一地方における定期観光バスの歴史的変容過程
――宮崎バス、宮崎交通による定期<遊覧・参宮・観光>バスのケーススタディ
15:00 休憩
15:15 105 廣岡裕一 種村聡子
敷田麻実
文教大学
北陸先端科学技術大学院大学博士後期課程・北陸先端科学技術大学院大学
観光における人材育成研究のレビュー
――観光人材、地域人材、観光教育のかかわり
15:45 テーマセッション2
「観光とフィールドワークの接点で学び伝えること:『観光人類学のフィールドワーク:ツーリズム現場の質的調査入門』刊行に寄せて」
T2-01 東賢太朗 小河久志 金沢星稜大学人文学部 観光開発のフィールドワークをめぐる困難とその乗り越え方
――ラオスでの調査実習を事例に
T2-02 東賢太朗 名古屋大学大学院人文学研究科 観光フィールドワークの難しさ
――ビーチリゾートで起こった「事件」から考える
T2-03 碇陽子 明治大学政治経済学部 マニュアル化ができないものとしての人類学的フィールドワーク
T2-04 市野澤潤平 宮城学院女子大学現代ビジネス学部 フィールドワーカーへの想像力
――『観光人類学のフィールドワーク』をめぐる覚え書き
 

第二会場

開始
時間
発表
番号
座長 発表者
氏名
発表者
所属
発表タイトル
13:00 201 須藤廣 小原満春 沖縄国際大学産業総合研究所 ワーケーションの環境条件に関する探索的研究――沖縄へのワーケーション意向者への調査を通して
13:30 202 井出明 金沢大学国際基幹教育院 観光経済活性化のためのワクチンパスポートの仕様について
14:00 203 中村哲 玉川大学観光学部 COVID-19影響後の日本人の海外旅行再開に対する意識
14:30 204 畠中昌教 尾家建生 平安女学院大学国際観光学部 発酵食とガストロノミーツーリズム――発酵ツーリズムへのアプローチ
15:00 休憩
15:15 テーマセッション3
「地域アートプロジェクトをめぐる経験―「アート的なるもの」と「観光的なるもの」の連関の探究にむけて」
T3-01 山田香織 山田香織 東洋大学社会学部 趣旨説明
T3-02 山本暁美 東京大学大学院学際情報学府・博士後期課程 アート鑑賞ツアーから表出する新しい観光のあり方
――瀬戸内国際芸術祭開催地・豊島住民、観光者を対象として
T3-03 山田香織 東洋大学社会学部 地域アートプロジェクトに関わる住民はホストなのか
――西讃地域の離島における瀬戸内国際芸術祭の事例
T3-04 宮本結佳 滋賀大学教育学部 アートプロジェクトは地域でいかに展開していくのか
――香川県直島を事例として

第三会場

開始
時間
発表
番号
座長 発表者
氏名
発表者
所属
発表タイトル
13:00  テーマセッション1
SDGsから観光を考える
T1-01 西尾建 西尾建 山口大学経済学部観光政策学科 観光講座とSDGs
T1-02 種市豊、橋本芙奈 山口大学農学部 地域循環型経済と地域観光の関係性
――農産物と観光に焦点をあてて
T1-03 朝水宗彦、ぺルラキディーネシュ 山口大学経済学部観光政策学科 インバウンド観光とSDGs
T1-04 脇田浩二 山口大学地域未来創生センター ジオパークとスポーツ観光――SDGsと関連して
T1-05 石盛真徳 追手門学院大学経営学部 トレイルランニングと地域観光――心理学とSDGsから考える
15:00 休憩
15:15 301 吉田道代 Kate Inyoung Yoo 関西外国語大学外国語学部 Good Jobs or Bad Jobs:Searching for Dignity in Tourism and Hospitality Work
15:45 302 P. Monica Chien,
Matthew J. HORNSEY,
Jun NAGATOMO,
Ravi PAPPU
UQ Business School, The University of Queensland Understanding Intergroup Conflicts between Residents and Tourists
16:15 303 森本泉 福島三穂子 宮崎大学地域資源創成学部 地域住民の「当たり前」を観光資源へ――宮崎の郷土料理を事例に
16:45 304 樽井由紀  奈良女子大学 ノガミ行事は観光資源となり得るか

第四会場

開始
時間
発表
番号
座長 発表者
氏名
発表者
所属
発表タイトル
13:00 401 木村至聖 林玲穂 神戸大学大学院人文学研究科 多様化するメディアコンテンツとツーリズムに関する研究
――韓国メディアコンテンツにおけるソウル表象を中心に
13:30 402 金千 北海道大学国際広報メディア・観光学院 映画が生み出す小樽イメージの変遷についての一考察
14:00 403 井口梓
作道眞子
愛媛大学社会共創学部 ソーシャルメディアとデジタル写真が展開する観光空間の特性
――松山市道後温泉のTwitter分析を事例に
14:30 404 佐野楓 森越京子
永井隼人
北星学園大学短期大学部
和歌山大学
ニセコ地域におけるワーキング・ホリデー・メーカー
――予備調査の結果から
15:00 休憩
15:15 405 佐野楓 チルタアトマジャ ラファエル
永井 隼人、加藤久美
和歌山大学大学院観光学研究科
和歌山大学観光学部
Tourism Risk Research and Indonesia: A Systematic Review
15:45 406 中植渚 立教大学大学院観光学研究科 「ホスト」になる
――埼玉県入間市・ジョンソンタウンの事例から観光研究に向けて
16:15 407 永井隼人 宇高雄志 兵庫県立大学環境人間学部 マレーシアのインバウンド観光の近年の動態
――2014年以降の増加傾向の変調とその要因の分析
16:45 408 陳慶光 長崎国際大学人間社会学部 Exploring the role of online community in virtual sport tourism: LINE app usage by Taiwanese runners in the 2020 London Marathon

第五会場

開始
時間
発表
番号
座長 発表者
氏名
発表者
所属
発表タイトル
13:00 501 安田慎 簗田香織 和歌山大学大学院観光学研究科 巡礼モビリティーの変遷と地域社会への影響
――高野山参詣を事例として
13:30 502 須永恵美子 東京大学附属図書館アジア研究図書館上廣倫理財団寄付研究部門(U-PARL) マイノリティの巡礼と開発
――多文化社会パキスタンにおける宗教観光
14:00 503 和栗隆史 大阪府立大学 大学院経済学研究科 宿坊を基点とする観光まちづくりにおけるスピリチュアル・マーケット志向
――観光庁「寺泊」事業による支援対象地域の取り組みに着目して
14:30 504 中村香子 柴本百合香、東悦子 和歌山大学観光学部 海外派遣プログラムにおけるオンライン活用の効果と課題
――和歌山大学観光学部“Global Learning Activity”の事例から
15:00 休憩
15:15 505 中村香子 楊欣霖 北海道大学大学院国際広報メディア・観光学院 中国産ツーリズム・パフォーミング・アーツへの注目
――「行為遂行的真正性」を手がかりに
15:45 506 鄭李玄、石佳凡、納富信  早稲田大学大学院環境・エネルギー研究科 持続可能な観光指標によるエコツーリズム事業の持続可能性評価に関する研究
――飯能市エコツーリズム事業を対象として
16:15 507 寺岡伸悟 森重昌之、敷田麻実 阪南大学国際観光学部、北陸先端科学技術大学院大学先端科学技術研究科 誰が観光資源化を決定するのか
――資源化における正当性
16:45 508 竹田茉耶  島根県立大学人間文化学部地域文化学科 観光まちづくりの「主体」に関する批判的考察
――島根県出雲市平田町 木綿街道の事例から

第六会場

開始
時間
発表
番号
コメンテーター 発表者
氏名
発表者
所属
発表タイトル
13:00 院生① 遠藤英樹 竹内宏文 北陸先端科学技術大学院大学(JAIST) 先端科学技術研究科 後期博士課程 観光まちづくりにおける伝統文化の再創造・再生産システムの構造について
――加賀・能登地方の風習「花嫁のれん」の広がりを事例に
14:00 院生② 橋本和也 藤本直樹 立命館大学大学院政策科学研究科研修生 コミュニティのインクルーシビティを高める新しい観光組織の模索
――観光社会的企業の概念構築とその実証への試み