コンテンツへスキップ

第10回研究集会

第10回研究集会は下記の通り開催いたします。

開催日

2023年2月18日(土)13:30~
※対面開催を予定しておりますが、新型コロナウィルス感染症拡大状況においてはこの限りではありません。

会場

多摩大学 湘南キャンパス
(〒252-0805神奈川県藤沢市円行802番地)
上記をクリックしていただくと、多摩大学のHPへ移動します。

最寄り駅・湘南台[小田急江ノ島線・相模鉄道いずみ野線・横浜市営地下鉄]下車
地下B・D出入口から徒歩12分、タクシー利用時:基本料金

共催

科学研究費基盤研究(B)「観光学3.0へ向けたツーリズム・モビリティの再考」(研究課題/領域番号:21H03724)

スケジュール

午前:大学院生育成セミナー
午後:シンポジウム

参加費および参加申し込み

一般:500円
学部学生:無料
※学部学生のみなさんは参加無料ですが、必ず参加申込みをお願いします。

参加申し込みはこちらからお願いいたします。(※peatixサイトへ移動します)

シンポジウムテーマおよび開催趣旨

テーマ

「メディア誘発型観光」研究の刷新

開催趣旨

 これまでのフィルム・ツーリズム研究やコンテンツ・ツーリズム研究では、その多くが、メディアが観光をいかに誘発していくのかというプロセス、すなわち「メディア誘発型観光がもたらす効果」に焦点を当ててきた。それはアニメ聖地巡礼研究でも同様であり、アニメ聖地巡礼が人と人の関係やまちづくり等に対していかにポジティブに効果をもたらすのかといった研究が、多くを占めていたのではないだろうか。もちろん、そうした研究も重要であるのは言うまでもない。
 だが、観光現象を人文・社会科学からとらえようとするときには、もはやそれだけでは不十分になっている。「メディア誘発型観光」を前提として、それがもたらす「観光的効果」を考えるだけではなく、その深奥を考える研究が重要になりつつある。すなわち「メディア誘発型観光」とは、そもそも一体何なのか、メディアと観光のいかなる関係性がそこにはあるのか、そして、その背後にグローバル/ナショナル/ローカルの関係性、人/モノ/表象の関係性、情動・セクシュアリティ・権力性等の問題がいかなるかたちで絡み合っているのか――こういった観光研究=メディア研究=表象研究=欲動研究といったものを、観光研究は意識的に展開し、新たな地平へと刷新していくべきなのである。

発表者
遠藤英樹(立命館大学)
山口晋(目白大学)
田島悠来(帝京大学)
新井克弥(関東学院大学)
松本健太郎(二松學舍大学)

コーディネーター
遠藤英樹(立命館大学)

共催:科学研究費基盤研究(B)「観光学3.0へ向けたツーリズム・モビリティの再考」(研究課題/領域番号:21H03724)

タイムスケジュール

13:30~13:35

会長あいさつ

13:35~13:40

趣旨説明

13:40~15:45
<1報告25分>

報告①
ツーリストの欲動を/が駆動する観光=メディアの精神分析
立命館大学 遠藤英樹

報告②
「ストリートの地理」とツーリズムとの交点
目白大学 山口晋

報告③
アイドル研究と観光研究の接続可能性
帝京大学 田島悠来

報告④
宗教としてのディズニーランド、ディズニランドとしての宗教――情報化と消費化がもたらすカテゴリーの融解
関東学院大学 新井克弥

報告⑤
観光地のイメージャビリティ――多層化するコンテンツ文化のなかのマジックサークル
二松学舎大学 松本健太郎

15:45~16:00

休憩

16:00~17:00

ディスカッション
16:00~
パネリストによるディスカッション

16:30~
フロアを交えたディスカッション

大学院生育成セミナー

観光学術学会では大学院生の育成と交流を目的として、2023年2月18日(土)に開催される第10回研究集会において、大学院生育成セミナーを開催いたします。

このセミナーは、大学院生(修士・博士課程)が自分の研究内容を報告するだけではなく、報告内容に関連する専門分野のコメンテータから今後の研究に有意義なアドバイスを得ることに大きな特徴があります(コメンテータの指名は学会集会委員会が行います)。

大学院生であれば、研究の進捗の程度を問わず、だれでも応募することが可能です。セミナーで発表を希望する大学院生の方は以下を一読のうえ、期日までに応募してください。

開催日時等

日時:2023年2月18日(土) 午前中

応募方法

以下を参照のうえお申し込みください。
応募締め切り:2023年1月21日(土)

第10回研究集会「大学院生育成セミナー」発表者募集のお知らせ