Home > 学会誌

学会誌

お知らせ

観光学評論 8巻1号が発行されました。 会員の皆様には順次、送付しております。

なお、非会員の方で学会誌のみの購入を希望される方、もしくは大学や施設の図書館のご担当者様は、観光学術学会事務局(tourism@jsts.sc)へお問い合わせください。
お問い合わせはこちらから、お願いいたします。

書店関係者の方でご購入をご希望の方は、こちらをご覧ください。

学会誌について

誌名:『観光学評論(Tourism Studies Review)』
発行回数:年2回(3月、9月)

投稿募集のご案内

観光学術学会誌『観光学評論』では、学会員の皆さんからの投稿原稿(論文、フォーラム、翻訳、書評、学会研究動向)を積極的に掲載し、誌面の充実を図ることとしております。
ご投稿いただく論稿については、明確な査読指針に従って、公正かつ迅速な審査を経て、その掲載の可否が決定されることとなっております。
投稿につきましては、こちらをご覧ください。

 

投稿規定・執筆要項

 

  • 8巻2号(2020年9月発行)締切 … 2020年3月31日(厳守)
  • 9巻1号(2021年3月発行)締切 … 2020年9月30日(予定)

目次(2020年3月発行)

  • 萌芽論文
    • 情報化社会におけるレッドツーリズムのインタープリテーション
      ―ソーシャルメディアが作る「オーセンティシティ」
      王 楚君
    • 地域鉄道のアトラクション化
      ―のと鉄道・銚子電鉄・三陸鉄道を事例とした上演論的分析
      安 ウンビョル
  • 特集論文:オリンピック・パラリンピック、スポーツ、ツーリズム 
    • オリンピアンが拓く観光の新領域
      ―アスリート・パラアスリートをめぐって
      橋本 和也
    • ポスト東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会のスポーツツーリズム政策
      伊藤 央二
    • 遊びの復権
      ―スポーツとツーリズムの文化史
      大野 哲也
    • 「ニュースポーツ」とスポーツツーリズム
      ―スポーツツーリズムの資源としての「ニュースポーツ」の可能性とは?
      市井 吉興
    • オリンピック開催地の都市再生とその観光学的意義
      ―レガシー構想以後の「オリンピックと観光」の地平
      小澤 考人
  • 書評:宮本結佳著『アートと地域づくりの社会学―直島・大島・越後妻有にみる記憶と創造』
    • 記憶を可視化する景観創造としてのアートプロジェクト
      山田 香織
  • 書評:神田孝治・遠藤英樹・松本健太郎編『ポケモンGOからの問い―拡張される世界のリアリティ』
    • ポケモンGOが観光研究に投げかけた三つの問い
      ―ソーシャルメディアが作る「オーセンティシティ」
      権 赫麟